FC2ブログ

カイハウス クッキングセミナー

2015.03.03 (Tue)

今日は  カイハウス主催  料理教室講師のための
「脇雅代先生に学ぶ O.E.Cクッキングセミナー」に参加してきました。

脇雅代先生開発の商品を使いながらの デモンストレーションが楽しみでした。



OECシリーズは まだW角鍋しか持っていないのですが  フライパンや鍋もとても気になっていました。

材質から 大きさから 形から そのこだわりの理由を デモンストレーションをまじえながら
説明され その考えられた機能に 感心しました。 (^-^)





蓋の材質までのこだわりは 料理作業の細部まで理解している脇先生ならではと
同じテーブルの料理の先生方とともに
「なるほど・・」 とうなづきながら 全部ほしくなったのも 事実です。(^^)


脇先生は 自然体なので すーっと 人を惹きつけて 距離を作らないところが 素敵でしたね。
 
長くこの世界にいらっしゃるのも 

雑誌やテレビの仕事をされながら 24年料理教室が続いていることも  うなづける気がしました。
(20年通い続けている生徒さんもいるそうですよ。)

201503030.jpg



さすがに プロだなあ・・と思ったのは 楽しいお話をしながら いつのまにか片付けたり 

次の作業にうつったり 手はずっと動きながらも 空気を変えず 笑顔で楽しくすすめられ

5品の料理のデモンストレーションが 段取りよく 引き込まれるように進んでいきました。




脇役に徹して 講義の邪魔にならないように動く アシスタントさんにも 
つい目がいってしまいました。

脇先生が 「ここに来て 作業を見せてあげたら?」と 声をかけるまでは 

視界になるべくはいらないような位置で 作業スピードを見ながら 動く姿が ベテランの助手さんだなあと 

あうんの呼吸で 脇先生と長く 共にお仕事されてきた方なんだろうなあと感じました。
「やっちゃん」と 声をかける先生。  信頼を感じとることができました。

2015030310.jpg



美味しい料理と楽しいセミナーのおかげで 同じテーブルの先生方とも話がはずみ 
とてもいい雰囲気になりました。
料理の先生は やっぱり いい人が多いのよ。(笑)



「美味しい!」 と 笑顔になった フレンチは ちょっとしたコースのように試食できました。

新玉ねぎのフラン
じゃがいものガレット  鮭の燻製添え
ししゃものエスカベーシュ

2015030330.jpg


「子羊のソテー フィットチーネ添え」

こちらは すべて脇先生が盛りつけてくださいました。
20名分 手早いです。

2015030340.jpg


フライパンを型にして ジェノワーズを焼き

2015030380.jpg



片手鍋で カスタードを作り

完成した トライフルも レストランの味 

2015030360.jpg




とにかく美味しかったし 楽しかった。

たまには生徒になることも 大切なんだなと感じました。

大変勉強になりました。



最後は一緒に写真撮影。
30年のキャリアなのに フレンドリーな先生です。


フランス修業 ル・マン24時で 通訳から 料理長まで  パワフルな現場料理時代もさることながら
「きょうの料理」に出演して20年
プロになって長いし 有名な先生なのに 初の著作本が1998年と遅い
きっといっぱい 働いて とっても忙しかった先生なんだろうと思いました。
それから 50冊です。 (@@)

約30年 フランス食文化の普及に貢献したことが評価され 昨年フランス政府より
農事功労賞 シュヴァリエを受賞されました。



昔から好きだった料理家の先生でしたが
同調できることがいっぱいあって ますますファンになりました。


もうダメ~と言いかけそうだったテレビの仕事も やっと段取りが見えてきました。
脇先生のすごさに比べたら まだまだです。
頑張ります!



いいひな祭りになりました。(^-^)



今日も読んでくださった方クリックよろしくお願いしますね。


応援拍手もよろしくお願いしますね。
スポンサーサイト



23:05  |  フリー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |