FC2ブログ

節分豆

2015.02.02 (Mon)

2月は 節分も あれば バレンタインデーもありますね。

明日は節分。



私も豆  買いました!

京都豆富の 節分豆

歳の数  たべなくてはいけませんから   つやつやして美味しそうな豆にしました。(^-^)/


201502020.jpg




それにしても  恵方巻きの存在が かなり大きくて 

豆まきの 行事が薄れていますね。   


節分の豆まきは 古くから伝わる 厄除けの行事なので その意味を知り 
明日はぜひ豆まきをしてくださいね。


節分とは 季節を分けること  

年4回の季節の変わり目 (立春 立夏 立秋 立冬) の前日のことを意味していましたが

その中でも 立春は春のおとずれ 
そして 春は新年の始まりであり 大切な日とされ 立春の前日を 節分というようになりました。



昔は 災いや良くないことが起きると 鬼のせいだと言われていました。
病に苦しみ 大勢の人が亡くなったときは、疫病などをもたらすのは 
悪い鬼の災いだと信じられていたようです。

悪い方位に  鬼門ということばが使われているのも うなずけますね。

平安時代の宮中では 大晦日に 陰陽師に厄払いをして清めてもらう行事などもあり
邪気をはらっていたようです。

室町時代、京都では 豆をまいて鬼を追い出す行事となり、次第に一般庶民にも定着していきました。

京都では 昔 鞍馬に鬼が出て 毘沙門天のお告げにより鬼の目に大豆を投げつけて
鬼退治をしたという話が残っているそうです。

鬼の目に 豆を投げることは 魔の目に投げて 魔を滅すること  (魔目*魔滅=まめ)

投げた豆を食べることが 鬼退治となるのでしょう。



本来は 豆まきは年男か 一家の主人がまくので 家族全員でまかなくてもいいのですが

お子さんも楽しく節分行事をするなら
お父さんが鬼の面をつけ 悪役に徹して 豆を投げつけられるのも しかたないかもしれません。(^-^;)
奥さんは 日頃のうっぷんをここで 晴らさないように(笑)



「鬼は外~」と 3回 「福はうち~」と 3回
節分は 夜に豆まき。 

節分に 家の邪気をはらって 立春から始まる 新年、無病息災にしましょう!



今日も読んでくださった方クリックよろしくお願いしますね。



応援拍手もよろしくお願いしますね。
スポンサーサイト



16:00  |  フリー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |