FC2ブログ

うちわの活躍

2011.07.02 (Sat)


今日も暑かったですね~
家に一人いると エアコンでもかけようものなら
どこかからか 注意をされそうで レースのカーテンで木陰状態にし、カーテンの揺れで
涼を感じ

暑くない!と・・自分に言い聞かせ
掃除しながらかく汗をここちいいと感じ・・

恵まれすぎてかかなかった汗も 最近では どこのショップに行っても
買い物しながら 汗をかき・・・・

節電ですから しかたないですねえ~
そんなとき  1つの団扇「うちわ」が目に入り 涼しそう~と思わず買ってしまいました


201107010


なんと 199円でした
涼しい~


団扇は古来は もっともっと 大きくてかざしたり、扇いだり、行事や儀式や占いなど
いろんな用途があったようですが

「団」は「まるい」という意味で「扇」は「あおぐ」


・・丸い形のあおぐものですね~
竹骨と紙で作られ 柄の形だけでも 丸柄・平柄・差し柄など いろんな種類があり
今の形や大きさになったのは室町時代だそう徐々に普及して 江戸時代にはかなり庶民に活用されたようです

涼のためだけでなく 炊事の火を扇いだり、冷ましたり、赤ちゃんを扇いだり
踊りに使ったり、陽よけにしたり、 虫をはらったりと 大活躍で

ハエや虫などを打ち払うときに使ったり
熱のある病人を扇いだり、病魔を打ち払う魔よけの意味もあり「うちわ」となったようです

まあ、持っていれば 厄除けで 縁起がいいかもしれません
お祭りにだって持ち歩いたり、扇ぐ動作が 縁起がいいですね

明治では外国人が喜び 海外にも輸出され名前を入れて
宣伝用などにも使われたようです

昭和40年代に扇風機やクーラーの普及や ガスコンロ 電気コンロと便利な時代になり
団扇の活躍も減ってきたようで

でも寿司を作るときだって 花火大会だって団扇がなくなることはなかったわけで**

今年の夏は 節電、節電ですが エアコン切ったら 

この団扇の風で補うのも  結構 いいかなあと思います

扇子のように 上品ではないけれど 風力あります

電車の中で扇子を出して落語家に間違われるくらいなら
今年は団扇が 粋かもしれません!


いろんな 団扇が販売されるかも・・

団扇を持っていれば  会社帰りは そのままビアガーデンでも 花火大会でも 

盆踊りにだっていける**

軽装、サンダル、プラス 団扇

団扇で ちょっと楽しく夏を乗り切りましょうね(^-^)






クリックよろしくお願いしますね

スポンサーサイト



22:51  |  フリー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |