FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

さよなら2009年

2009.12.31 (Thu)

31日大晦日の夜になるとなぜか 

これまでの大晦日で印象に残った日を思い出します

一人暮らしの人はこの世の中にいっぱいいると思いますが

クリスマスとお正月に 仕事がない場合は一人はきついですね(笑)私だけかな?

両親やふるさとなどがなくなってしまうと 口うるさかった親が長生きしなくて

悔しいですね **あとは たよりは友達ですが 皆な家庭をもち 忙しいです

兄妹がいて感謝 なんとか連絡し、お正月は兄や姉のところにいけるので 

ホッとしてます(^-^)/

振り返ると 2009年は 姉のお見舞いからスタートしました

つづけて知り合いが3人 時期が順番にめぐってきて・・入院や病気の恐さを知りました

それからアシスタントで勤めていたスクールから 独立をせまられました。

スクールの経営不振が原因らしく
それで生計をたてている先生なので
料理教室の運営は大変なのだということも感じました。

のんびりと 働いていた私は
経営には無関心で
独立することをまったく考えていなかったので
苦難の道をあたえられてしまった感じでした。

考える時間が増え
この先 時間がかかりそうだなと思いました。



夏は椅子から落ちたり、その他いろんな出来事があり仕事以外の自分自身のことでもかなり
波乱万丈??でした;;




しかし後半から色んな人の助けがあり、いろんなことが順調になってきました

自信のもてない自分をリセットするために
思い切ってイタリアに勉強に行きました!



何かが変わっていく希望がもてました。
この先はわからないけど(^-^;)

ポジティブにいきたいですね。



あっという間の一年 すべての人にそして私にお疲れ様でした

元旦は兄のところへ行くのですが どうしても自分の手作りのおせちが食べたくなりました

90分で 煮物 さつまいものレモン煮 大根と人参のなます 伊達巻 

そしてトマトのコンポートを作りました

そしてお雑煮の材料をセット準備完了です 

元旦に盛り付けますが 鍋の中の途中の状態を少し披露しておきます

2009123120


200912310


2009123110


私はやっぱり手作りの味が好き

あと少し 良い年を迎えましょう

これから年越しそば食べます

早いかな?
200912330

太りすぎ気をつけようね

それから今年もブログ見てくれた人たちありがとう!!良い年迎えてくださいね

クリックよろしくね
スポンサーサイト



22:40  |  フリー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ピサ事件

2009.12.26 (Sat)

イタリアで救急車にのったことを以前ブログで書きましたが

その次の日がはじめての自由時間でステイの仲間とピサの斜塔に行くことになっていました

でも朝から雨で寒く、また調子悪くなったら迷惑かけると・・ピサは断念して部屋でゆっくりすることに

二人ピサに行った日本人の人がいたのですが 一人 28歳のかえちゃんが心配してなのか残ってくれました

お母さんがカフェをしていてケーキを作り、彼女はランチを作っているとかいろんな話をしました

そんなこんなで歳はちがっても仲良しになり、ピサに行けなかった私のために

英語のできる彼女はイタリア人の研修仲間とピサの話をしてくれたりしたようで

「ピサに連れてってくれるかも?」と嬉しい情報が入り イタリア人の研修仲間につれってってもらいました

夜のピサの斜塔はこんな感じです

200912260

ピサ駅近くのピザの店 テイクアウトもできる

2009122610

最高においしかった

2009122640


ただピサに行くまでには もう一つ話があり、

本当のピサに行く一週間前にもピサに行くつもりででかけて

市内の有名ピザ屋につれてってもらい ピザ食べながら目が点になりましたが

おいしかったからこれも楽しい思い出です

その時食べたピザがこれ 

2009122630

とにかく大きい!でもおいしい

勘違いのおかげで ピザを 2回も食べることができました

1回目はローマ風ピザで 2回めのピサ近くはナポリ風のピザ どちらもおいしかった(^-^)

ピザを2回も連れてってくれたR君にはホントニ感謝してます

写真を見るたびに思い出します

いろんな体験しておもしろいことばかり・・ブログネタはつきないですよ

クリックよろしくね

22:17  |  おもしろい  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

イタリアからクリスマスプレゼント

2009.12.25 (Fri)

先日、イタリア研修で一週間だけ一緒だった パオラからクリスマスのメールが来ました

元アルマーニで働いていたパオラは姿勢がよく おしゃれな女性

現在は結婚してレストラン経営をしている人 そのパオラから

英語でメールが入ってきました!!(イタリア人ですが気を使って)

そのメールには メロディが添付されていました

開くと パソコンから感動のメロディとイタリア語の歌が流れました

イタリア語でクリスマスソングです(^-^)

パオラありがとう!!最高のプレゼントです

イタリア語でメールして作ったケーキの写真を添付しました

モルトベーネ!!とまた返信がきました 感動ですね!!

イタリアのクリスマスは日本のお正月(カウントダウン)に匹敵するくらいの盛り上がりだそうですよ



クリックよろしくね

22:00  |  おもしろい  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

イタリア男性編

2009.12.18 (Fri)

イタリア男性がまわりにいっぱいの環境でしたが

私が イタリアに行く前の イタリア男性のイメージと

彼らは全然違いましたね

はじめは イタリア人には イエス、ノーをあいまいにしてはいけないと聞いていたので

ちょっと恐いイメージがありましたが

イタリア人の人は日本人にあまり違和感がないようで とても優しかったという印象ばかりです

バレンタインの企画考えながら 彼らのことを思い出しました

今回いっしょに研修したイタリア男性たちは 

彼女がいることや、奥さんがいることを 会話の中でどんどん伝えてきます

ちょっとは恋がめばえてもいいはずなのに 

いい友達になるために 好きになってはいけないよ みたいなメッセージを

なにげなく伝えるのです

彼らの彼女や奥さんはみんなに紹介したいというほど 彼らにはハッピーな情報なのでしょうか

友達になったR 君は 私ともう一人の日本人の kちゃんを

ピザを食べにつれていってくれたりするのですが そのとき 必ず自分の彼女を連れてくるのです

そのわけを尋ねると 男友達と遊びに行くときも 彼女がいる人は必ずカップルで行動するのだとか

いない人は男女とも シングルでくるので

付き合っていない人はひと目でわかるので 気に入った人同士が仲良くなれるそうです

付き合っている子がいるのにかくしていたり、黙っていて相手が好きになったり誤解してもこまるし

一番困るのは大切な 彼女を連れていけない人とこっそり会うなんて・・彼女が心配したり

誤解して悲しい思いをしたらかわいそうだから・・だそうで 必ずカップルで行くそうです

(外国映画の 男女が大勢で遊びに行くシーンなどもそんなような気がしました)

彼女がいる彼らと 本当にいい友達になったわけで もちろんその彼女とも友達になりました

私たち、僕たちは個別ではなく 仲間となるわけです 

つきあっている彼女に対して誠実で 日本人とはちょっと違う感覚に驚きました

ある日本人男性にその話をしたら 

「へ~ 日本人にはありえない!」そうです

ん~そんなイタリア男性たちをみて 彼女たちがうらやましかったですね

ただ、イタリア女性はみなさん強そうでしたが(^-^)

**そういえば
「彼女いますから合コンのような飲み会はパスです」と言った硬派の日本人男性も身近にいました

飲み会は友達や好きな人といくそうで仕事関係の人とはいかないそうで そういえば一度も飲んだことありませんね

仕事の人との打ち合わせは必ず昼間 仕事場でのみ・・という人ですが 仕事は完璧でおもしろい人です

仕事の流れやつきあいでご飯いきましょうとか 飲みにいきましょうとか 

そんな時間があったらいい仕事で返したいそうです

そして休みの日はたっぷり自分に帰って 仕事忘れるとか・

その方も最近 彼女ができて他の女性と飲み会いったら誤解されるし、行きたいと思わない・・ですよね
そして近々結婚とか・・

仕事はできるし、誠実な人です

彼女がいる人はくれぐれも大切にしてあげてください

バレンタインのケーキに参加する女の子たちが一生懸命作ってる姿をみてると胸が熱くなりますよ

本当にこの思い伝わってよ~と思います


クリックよろしくね
22:15  |  おもしろい  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

イタリア年齢編

2009.12.11 (Fri)

昨日は 病院の話をしましたが 医者にかかったときはやはり情報として

年齢は伝えるのはあたりまえですが

今回 イタリアで驚いたことは年齢の話がほとんど出ないことでした

日本だと必ず相手の歳を聞いてから友達になったり

仲良くなったりするケースが多いかと思うのですが

イタリアでは・・というか海外では女性に歳は聞かないようですね

歳は聞かないで仲間だから仲良くなろうという感じでした

私は歳下の人に「歳はシークレットよ」と笑っていえば

「OK!関係ないよ 友達だろ」と返ってきました


日本に仕事できた外国人女性がこんなことを言ってたのを思い出しました

「日本ではいたるところでいろんな人が平気で私の歳を尋ねる

 女性に歳を聞くのは失礼と思わないのかしら」と

 日本ではインタビューの時も 芸能人の年を必ずテレビで出しますよね(^-^)

 歳は伝えなければいけない情報なのでしょうか?

 イタリアで歳を聞いてきたのは日本人の通訳の人だけで 

 そういえばイタリア人の誰からも歳は 聞かれなかったし、聞かなかったので

 みんなに「サチコ」と呼ばれ 友達、そして仲間になりました

 年齢で判断して付き合うと 一つの壁を作るのかもしれませんね

 聞かれなくてよかった~いい環境でした

 



クリックよろしくね

21:47  |  おもしろい  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

SOS救急車

2009.12.10 (Thu)

何ヶ月か前の椅子から落ちた事件での肩の痛みで骨に異常なしの話はしましたが

筋肉やすじに亀裂が入っているかも?と脅かされてまして

MRIを撮りましょうということになっていましたが、イタリアから帰ってからとお願いしていたので

本日MRIを撮りました

「音がうるさいのでヘッドホーンをします」と言われてヘッドホーンをしましたがそれでも

かなりビービー言ってたので ヘッドホーンしてなかったら他の神経がなんとかなってしまいそうですね

「動かないで下さい、息は大きくしないで下さい」といわれてからだを
ベルトのようなもので締め付けられているので苦しくて息は大きくなり、いつしか眠ってしまいました

MRIに入って思い出したのですが 

実は私イタリアで救急車に乗りました(内緒にしておこうかと思ったのですが)

イタリア出発前にしておくべきことがあまりにあったため 

出国前はかなりハードで睡眠もあまりとっていなくて

実は体は不調なままの出国となりました

行きの飛行機はかなり揺れて墜落したらどうしようとか・不安になり、
ローマに着く前に死にたくないなあ・・と思ったほど恐い思いをし
飛行機の中も気持ちは休まりませんでした

イタリアに無事到着し イタリア語3日目の朝 
研修中に頭の後ろがガーンと痛くなって熱くなりました(ちょっと我ながらこわかったのですが・・)
緊張しているかもしれないと・・その日はなんとか痛みを我慢して乗り切りました

それからなんともなかい日が続きやっと慣れてきた6日目 

ガーンと左後頭部がさらに強い痛みとなり我慢できなかったので(なんだかまずい!!と思い)
研修を退去させていただき 部屋に戻って横になりました

時間が経過しても痛みが続き、一緒にステイして人で元薬剤師のMさんからアドバイスを受けたり

しましたが良くならず、シェフやスタッフの方たちは色々対策を考えてくれ

結局 救急車に乗ったほうがいいという結論になり、

カッコイイレスキュー隊のような男性2名が迎えにきてくれました

頭の痛みは確かにひどかったですが・・救急車?と思いましたが不便なところだからかな~と・・

関係者では くも膜下出血の前兆か脳梗塞かいろんなことを考えていられたようです

そして今だからおかしく話せますが 救急車に乗りながら私は冷静で・・頭によぎったことは

(到着して1週間もたたないうちに 緊急手術になり、強制帰国になったらどうしようとか
このまま死にたくないなあとか・イタリアの救急車に乗ってしまったよとか・色々考えてました)


通訳の人も夜中までずっと付いていてくれ、お世話になったシェフのジャン先生は

救急車の帰りがないからと仕事を終えて迎えにきてくれました

途中病院が停電してCTがリセットされてしまい 異常に診察に時間がかかりました

結果は血管に異常もなかったのですが・・痛みは強い鎮静剤でやっと治まりました

AIUの保険がありますが、CTまでとったので医療費はどうなるんだろうと不安でしたが

お金はどうすればいいのかと通訳の人に尋ねたら

「医療費は無料です。救急車に乗ったかたは緊急をようする患者なので無料なんですよ」・・と

これには驚きました

痛みが取れた私に「よかったね」とイタリアの病院関係者に笑顔で見送られ 

文書とCDのセットを渡されました

イタリア語の文書にはまた、痛くなったときにきく薬の名前

CDは私のCTの記録だそうです

「もし、日本に帰ってもう一度 痛くなって医者にかかったらこのCDを見せなさい・血管に異常はないから」

ということらしいです

イタリア滞在6日目にして救急車に乗り、自分のCDをもらう経験 

そして救急車が医療費無料ということまで知ってしまったのです

結局朝の3時シェフが送ってくれて帰りました

「もうすぐ市場のトラックがくるよ、サチコなんでもなくてほんとによかった 安心したよ」

日本語で そう言われじ~んときました

へとへとな体で病院につきあってくだり、このご恩はほんとに忘れられません

教えていただいた料理と優しさを伝えられればと思っています



クリックよろしくね

22:00  |  フリー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

イタリアのショップパート2

2009.12.03 (Thu)

イタリアルッカの街で 有名なパン屋さんを紹介します

200912032212




いつも満員で 中で販売してるおじさまたちもシャンとしてて かっこよかったです

このおいしそうなフォカッチャも希望の大きさにカットしてグラム売り

200912032215


ポテトとオニオンのフォカッチャが最高においしくて シュガーの甘いタイプと2種類買いました

このくらいという大きさが イタリア語で言えなくて 思ったより大きいカットになりましたが

ステイの人におすそわけして おいしい~を共有できてよかったです

次の日もおいしかったですよ


それにしても ショップウインドウだけで楽しめるおいしそうな店たち

200912032209

200912032225


クリックよろしくお願いしますね

22:00  |  フリー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

イタリアショップその1

2009.12.03 (Thu)

イタリアの写真が大変なんです

そうですね~料理の写真や 食材の写真や 人の写真や

数えていませんが 1000枚はありそうですね

それで 選んだりみているだけで大変で 自分だけでしたらスライドショーでもいいのですが・・

現像するものをえらぶだけでも大変な感じで・・・と文句ばかり言ってないで

イタリアのおいしそうな ショップ写真載せましょう

楽しみにしていただいている方のために

おいしそうでしょ~ 

2001


日本ではなかなか ショップウインドウに顔を近づけることなんてありませんが

2022


思わず子供のように ショップウインドウに顔くっつきそうになりましたよ~

もちろんお店にはいっておやつを買いました(グラム売りです)


こちらは見るだけで::

2011

時差ぼけで 2時ごろまでおきてしまったり、お昼にお腹すかなかったり・・

明日こそは規則正しく**

ちょっと言い訳ですが 毎日イタリアンの頭では決してありませんよ

今週の仕事のクリスマスのコーディネートのグッズを揃えたり、お節料理のレシピを準備したり

トマト先生はしっかり働いてますよ~




久しぶりにクリックよろしくお願いしますね 


00:48  |  フリー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |